信用情報にはいつまで残るのか

 

解説

カードローンを利用すると信用情報機関にその情報が記録されます。

 

信用情報が記録されること自体は悪いことでも何でもなく、自動車ローン、クレジットカードでの買い物、スマートフォンの分割購入などあらゆる場面で同様に記録されているのですから必要以上に気にすることはありません。

 

しかし、カードローンの利用が住宅ローンを組むときに影響するといわれたり、ブラックリストなんていう言葉を聞くと、どのような内容がどのくらいの期間残るのかは気になるところです。 

 

記録が残る期間は情報の種類によって違う

 

金融機関とどのような取引を行ったかによって、その情報が残る期間は異なります。

 

記録されるタイミングは主に以下のようなものがあります。

 

  • 申し込み
  • 契約
  • 返済
  • 延滞
  • 解約(金融機関側から強制的に)
  • 任意整理
  • 自己破産、個人再生

 

 

申し込み

 

カードローンの申し込みをするとその情報が登録されます。

 

登録内容
本人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号、免許証の番号など)

 

登録期間
申し込みをした日から最大6か月

 

 

契約

 

カードローンの契約内容が登録されます。

 

登録内容
氏名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額など

 

登録期間
契約中及び完済日から最大5年(完済していても解約しない限り残ります)

 

 

返済

 

返済状況も登録されます。

 

登録内容
入金日、入金予定日、残高金額、完済日など

 

登録期間
契約中及び完済日から最大5年(完済していても解約しない限り残ります)

 

 

延滞情報については、延滞してから2、3か月で登録され、延滞が解消されても最大で5年間記録が残ります。
金融機関側からの強制的な解約や任意整理も最大5年間残り、自己破産、個人再生は最長10年間残ると考えてください。