利息を少しでも抑える方法

利息を抑える2つのキホン

 

財布

利息はできることなら払いたくないですよね。
お金を借りたからには利息を支払うことは義務ですから、そうはいかないのが実状です。

 

それなら少しでも支払う利息を抑えたいと考えるのは当たり前のこと。

 

誰でもできるその2つの方法をご紹介していきます。

 

 

利息の計算

 

まず前提として利息はどうやって計算されるのかを理解しておきたいと思います。

 

利息(円)= 元金(円)× 年率 ÷ 365(日)× 借入期間(日)

 

この計算式をもとに以下の条件で借り入れをしたとします。

 

借入額 :10万円
金利  :15%
返済方式:元利定額リボルビング方式

 

毎月1万円返済していくとすると

 

<1回目の利息は>

 

10万円×0.15÷365日×30日=1233円

 

返済額の1万円から1233円を引いた8767円が元金の返済に充てられます。
借入額は残り9万1233円となります。

 

<2回目の利息は>

 

9万1233円×0.15÷365日×30日=1125円

 

借入額は残り8万2358となります。

 

 

実際の値はどの返済方式を採用しているかによって違ってきますが、このようにして利息が計算され、返済したお金から利息を除いた分が元金の返済に充てられることになります。

 

 

ポイント1 金利が低いカードローンを選ぼう

 

利息の計算式を見てみると分かるのは、金利が高いと利息も増え、逆に低いと利息が減ります。

 

つまり、カードローンを選択する際に金利の低いところを選べばその分支払う利息を抑えることができるのです。

 

実際に適用される金利は審査によって決められますので申し込み時に判断することは難しいかもしれませんが、はじめは最高金利が適用されることが多いので、最高金利を参考に選ぶと良いと思います。

 

 

ポイント2 繰り上げ返済をしよう

 

同様に利息の計算式から、元金が少ない方が利息も少なくなることが分かります。

 

お金に余裕があるときは、その分を積極的に繰り上げ返済してみてください。
そうすると元金が減り、翌月以降に支払う利息を抑えることができる上に、トータルの返済期間を短縮することができます。

 

決められた額より多く返済することが利息を抑えるもう一つのポイントです。