家計のための使い道

 

主婦でもお金を借りられる

 

お金を貸して儲けを出すには、貸したお金に利息を加えて返してもらうことが前提です。
つまり返済能力がない人には貸せないということになります。
カードローンを申し込んだときに審査があるのはそのせいですね。

 

家事に専念している専業主婦は収入がありませんので、返済能力があるとはいえないですよね。
専業主婦はカードローンを利用できないのでしょうか。

 

いえ、専業主婦が申し込めるカードローンがあるのです。

 

それは家計を旦那さんと一緒にしているため旦那さんの収入を返済に充てられると考えられるからです。
実際にお金を管理しているのは奥さんのケースが多く、生活費の不足を一時的に補てんするためにカードローンを利用することは有効な使い方といえるでしょう。

 

 

総量規制の壁

 

貸金業の業務について定めた貸金業法という法律のなかで「借り入れ総額は年収の3分の1まで」という総量規制があります。
このために本人の収入がない専業主婦は貸金業法の対象となる消費者金融などからは借り入れをすることができません。

 

専業主婦がお金を借りる場合は、銀行のカードローンなどに申し込みをすると良いでしょう。

 

 

家族でよく話し合いを

 

お給料のなかでやりくりをするのが主婦の役割のひとつですから、生活費が足りないことを言いだしにくいかもしれません。

 

毎月足りないのであれば、何かしらの改善をしなければならないのは明らかです。

 

急な出費が原因で一時的にお金が足りないのであれば、カードローンで次のお給料までつなぐのも選択肢のひとつです。

 

家族

後でトラブルにならないためにも、家計を共にする旦那さんとよく相談することが望ましいですね。

更新履歴